東海大相模監督の門馬敬治と息子功(次男)親子鷹!長男長女も野球部出身!

スポンサーリンク
野球選手 スポーツ

春の高校野球選抜大会2021決勝は「神奈川・東海大相模」と、「大分・明豊」の戦いですね!

東海大相模には門馬敬治監督の息子、功さんが外野手で出場しています。

親子で優勝を目指して決勝進出!

功さんには兄と姉がいて、兄も姉も東海大相模高校出身です。野球部でした!

スポンサーリンク

東海大相模監督の門馬敬治の経歴

強豪校が揃う神奈川県。県予選を突破するだけでも大変なことです。

監督の門馬敬治さんは1996年より東海大相模のコーチ、1999年に監督に就任しました。

過去3回甲子園での優勝している実績の持ち主です。

門馬慶事監督プロフィール

29歳という若さで監督に就任し、それ以来東海大相模を導き続けています。

名前 門馬敬冶(もんま けいじ)
生年月日 1969年12月18日(2021年3月現在51歳)
出身高校 東海大相模高校
出身大学 東海大学
担当科目 社会科

中学から東海大相模に入り、大学でも野球部でしたが故障によりマネージャーに転向しています。

29歳当時だと、高校三年生とは10歳ほどしか変わらないですね。

野球部の監督業以外に教員でもあり、社会科を担当!

強豪校では監督専任ではなく、教員と監督の両方を行っているのは珍しい気もします。

監督門馬敬冶の過去の実績

強豪校ばかりの神奈川県で、甲子園に出場するのは本当に簡単ではありません。

 
甲子園優勝 2000  
  2011  
    2015
甲子園出場 2005  
  2006  
    2010
    2014
    2018
    2019

夏の神奈川大会では、過去20年の間に準優勝4回!ベスト4は2回!

本当に素晴らしいです~!!

スポンサーリンク

東海大相模監督の門馬敬治の息子功と挑む選抜決勝

現在、東海大相模には門馬監督の次男「功(こう)」さん(3年)が外野手として所属しています。

準々決勝では1番の功選手がツーランホームランを打つ活躍を見せ、福岡大大濠高校(ふくおかだいおおほり)に8対0で勝利!

「親子鷹」「親子鷹弾」など、盛り上がっています!

 

スポンサーリンク

東海大相模監督の門馬敬治の長男、長女も野球部出身

門馬監督には次男功さん(3年)の上に、二人の兄弟がいます。

長男の大(ひろ)さん、長女の花(はな)さんです。

お二人とも東海大相模に入学し、大さんは内野手として、花さんは野球部のマネージャーとして、門馬監督を支え、家族一丸となって甲子園を目指してきました。

花さんは功さんが高校1年生の時に3年生として、マネージャーとして部員を支え、2019年夏の甲子園に出場しています。

大さんは現在大学4年生。門馬監督と同じく東海大学に進学し、今年野球部の主将になっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

子供が3人とも父のもとで野球部に所属し、共に夢を追ってきた門馬ファミリー!

もちろん奥様も家庭でご家族を、監督を支え、東海大相模の野球部を支えているお一人ですね!

素敵なご家族です♡

そしてその親子鷹も末っ子の功さんが最後です。

素敵なドラマをありがとうございます♡

決勝も、夏の大会も応援しています^ ^

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました