スポンサーリンク

アンタッチャブル山崎(ザキヤマ)の高校はどこ?高校野球のポジションや甲子園は?

子供の野球姿 野球
スポンサーリンク

ザキヤマことアンタッチャブル山崎さんは高校野球が大好きなことは知っていますか?!

普段、竹山さんやフジモンさんなど色んな人相手におふざけしている印象が強いザキヤマさんですが、

高校野球に対する愛情は伊集院光さんからすると「ピュア」だと言っていました。

それはザキヤマさんも高校時代に野球部に所属して、真剣に野球に取り組んできたからです。

そんなザキヤマことアンタッチャブル山崎さんの高校はどこなのか、高校時代の野球のポジションや成績などを調べてみました!

スポンサーリンク

アンタッチャブル山崎(ザキヤマ)の高校は?

アンタッチャブル山崎さん(ザキヤマ)の高校は、埼玉県の春日部工業高等学校です。

埼玉県の春日部で有名な漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人さんも同じ高校出身です。

春日部工業高校は、プロ野球選手も数名輩出しており、夏の地方大会では準決勝進出やベスト16に入るなど、

強豪校、古豪だったようです。

ザキヤマことアンタッチャブル山崎さんの一年後輩に、プロ野球選手になった日里正義選手がいました。

春日部工業高校について、詳細が確認できなかったのですが、県立高校なので公立高校ですね。

公立高校からプロ野球選手が数名出ているのは、やはりそれなりに強豪校で、生徒が注目する学校の1つだったことが推測されます。

現在も部員数は30~40名ほどいるようで、コーチ陣たちは春日部工業高校野球部OBなどもいるようです。

(ザキヤマさんは1976年1月生まれです。)

【春日部工業高校野球部出身のプロ野球選手】

・岡昭彦(1956年生まれ。読売ジャイアンツ)
・大塚淳弘(1959年生まれ。読売ジャイアンツ球団副代表)
・高柳出己(1963年生まれ。近鉄バファローズ、千葉ロッテマリーンズ)
・古川慎一(1963年生まれ。千葉ロッテマリーンズ)
・日里正義(1976年生まれ。日本ハムファイターズ)

参考:Wikipedia埼玉県立春日部工業高等学校

 

スポンサーリンク

アンタッチャブル山崎(ザキヤマ)の高校野球のポジションは?

アンタッチャブル山崎さん(ザキヤマ)の高校野球のポジションは、サードやキャッチャーだったようです。

高校入学当時はサードだったそうですが、途中からキャッチャーに変更になったそうです。

サードもキャッチャーも難しかったとザキヤマさん。

キャッチャーになる前までは本気でプロ野球選手を目指していたそうです。

読売ジャイアンツに入りたいと!

でも、キャッチャーになってからは諦めの境地になったとか。

高校では入部当初はサードだったが、後にキャッチャーへ。山崎は「どちらも難しくて最後は、もう諦あきらめの境地に入っていました。キャッチャーになるまでは、結構マジでやっていてプロ野球も目指していたんですよ。(読売)ジャイアンツに行くつもりでやっていました」と振り返った。

引用:ORICON

そして、監督に自分の存在をあまり認識されていなかったそうで、存在感が薄かったと高校時代を振り返っていました。

あのザキヤマさんの存在感が薄いって…

一体ザキヤマさんの高校時代はどんな感じだったのでしょうか!っと思ってしまうのは私だけでしょうか^^

監督からの認識が薄かったとのことなので、監督の前では目立たぬようにしていたのかもしれませんね。

それでも真面目に野球に打ち込んでいたザキヤマさんの姿を思い浮かべると、切なさが伝わってきます(^^;)

監督からして良い意味でも悪い意味でも目立つ選手ではなかったのでしょうかね。

野球をやっていた頃は「監督に自分の存在すら認識されてなかった」(山崎)ほど、存在感が薄かったことを告白。「ポジションをコンバートしたいという話をしたときに、自分のことを知られていなかったことに気づきまして(笑)。それもけっこう後半だったんですよ!」と、いまだからこそ笑いにできる話を披露した。

引用:ORICON

 

スポンサーリンク

アンタッチャブル山崎(ザキヤマ)は高校野球で甲子園は?

アンタッチャブル山崎さん(ザキヤマ)の高校野球の成績は、甲子園には出場していません。

春日部工業高校は創立後、甲子園には出場していないようです。

◎高校一年生1991年
・第73回夏の埼玉大会で準々決勝で敗退
◎高校二年生1992年
・第74回夏の埼玉大会で1回戦で敗退
◎高校三年生1993年
・第75回夏の埼玉大会で準決勝で敗退

ザキヤマさんは、高校時代はスタンドで応援の控え選手だったようです。

高校3年生の時、夏の埼玉大会の準決勝で春日部共栄と対戦しました。

結果は0-7でコールド負けでしたが、春日部共栄は埼玉大会で優勝し甲子園では準優勝しました。

その春日部共栄の4番の柴田耕一選手は、ザキヤマさんが小学校時代に入っていた野球チーム、牛島バッファローズで一緒だったそうです。

柴田耕一選手は小学校時代から飛びぬけた選手だったようで、甲子園の決勝まで進んで行き、ザキヤマさんは応援していたそうです。

甲子園の決勝で柴田耕一選手の春日部共栄高校は兵庫県の育英に2-3で惜しくも敗退。

当時はテレビの前で応援していたそうで、ザキヤマさんにとって甲子園は「異国の地」に感じていたようです。

当時はテレビで見ながら応援しました。甲子園って「異国の地」。海外みたいな感覚でいたから、どこにあるのかわからなかった。代表校になって初めて行けるような場所だと思っていました。

引用:AERAdot.

 

そんな異国の地に、今では高校野球観戦に行くようで、地方大会の東京大会や神奈川大会なども観戦することもあるそうです。

高校時代はたった3年間しかなく、この3年間が野球人生の大きな分岐点の一つという、

高校野球の重みを実体験して知っているからこそ、そこに魅力があるとザキヤマさん。

高校野球は3年しかないというのが魅力です。どんなに野球がうまくても、甲子園に出られるのは3年間だけ。ここで終わってしまうはかなさもありながら、ここから巣立っていくスーパースターを、今、この段階で見られている。

引用:AERAdot.

 

ザキヤマさんはテレビの中でおふざけばかりなのですが、高校野球に関しては自分の高校時代を重ねて、選手を真剣に応援している。

そんな姿が伺えました。

そんな実体験も踏まえて、高校野球の魅力は「すべてが終わってしまうっていう切なさ」と語る。「負けたら基本的に7割くらいの選手は、野球人生が終わるんです。そこから大学に行く人、社会人、と分かれていって…プロに入るのは本当にごくわずかの人間なんですよね。人生の大きな分岐点を目の当たりにできるってことが魅力というか、全員頑張れと思っちゃうのが高校野球ですよね」。

引用:ORICON

 

スポンサーリンク

アンタッチャブル山崎のザキヤマの呪いとは?!

みなさんは、アンタッチャブル山崎さんの「ザキヤマの呪い」を知っていますか?!

私は今回初めて知ったのですが、プロ野球ファンの中では有名なお話だったらしいのです。

ザキヤマの呪いとは、一体何なのでしょうか?!

 

“ザキヤマの呪い”とは、山崎と関わった選手やチームが不運に見舞われるというもの。

引用:スポーツ報知

ザキヤマことアンタッチャブル山崎さんと関わったら、選手やチームが不運に?!

2017年のスポーツ報知では以下の4件が確認できているそうです。

 

①DeNA・筒香嘉智(26)が、2011年春季キャンプの取材に来た山崎にバットを貸した翌日にけがを負った

②13年米大リーグ・ワールドチャンピオンのレッドソックスが、山崎の取材を受けた14年には最下位に転落

③④14年にヤンキース・田中将大(29)、15年には当時レンジャーズのダルビッシュ有(31)らも山崎の取材を受けたあと、右肘のけがに見舞われた。

参考:スポーツ報知

 

今でも、プロ野球選手とザキヤマさんのツーショット写真などを公開すると、

「大丈夫?」「怪我にはくれぐれも気をつけて!」などと、ファンから心配する声が…。

プロ野球選手もザキヤマさんに会いたいような、会いたくないような…になってしまいそうですね(^^;)

呪いだけじゃなくて、ザキヤマさんの開運も意識して見つけたら出てくるかもしれませんよ!!

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、アンタッチャブル山崎さん(ザキヤマ)の高校はどこなのか、高校時代の野球のポジションや成績についてでした。

調べているうちに「ザキヤマの呪い」についても出てきて、笑いました!

良い話ではないですが(^^;)野球が好きで関わっているんだなということがわかりました^^

ザキヤマの呪いからザキヤマの開運などに変わることを願っています(^o^)/

これからも応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました