スポンサーリンク

山田裕貴の野球の実力やポジション!野球を辞めた理由とは?父はプロ野球選手だった!

野球の手袋をしている手 野球
スポンサーリンク

色んなドラマや作品、テレビで良く観る俳優の山田裕貴さん!

人気俳優さんですよね。

そんな山田裕貴さんは、テレビ番組「炎の体育会TV」などの中でピッチングを初披露。

とっても印象に残っています!

山田裕貴さんの父はプロ野球選手だったとのこと。

山田裕貴さんは学生時代などに本格的に野球をやっていたのかもしれませんね!

そんな山田裕貴さんが野球をやっていた時のポジションや実力、

野球を辞めた理由は何かあったのかや、山田裕貴さんの父はプロ野球選手だったことについてなど調べてみました。

スポンサーリンク

山田裕貴のプロフィール

 

山田裕貴さんの簡単なプロフィールです。

体格や出身地がわかる方がイメージしやすいと思いますので載せておきます。

 

◎名前:山田 裕貴(やまだ ゆうき)
◎生年月日:1990年9月18日
◎出身地:愛知県
◎身長:178cm

引用:ワタナベエンターテイメント

 

身長も高くて、体格にも恵まれていたようですね!

山田裕貴さんの出身地は愛知県。

地元の愛知県で野球を小学校3、4年生の時に始めたそうです。

 

スポンサーリンク

山田裕貴の野球のポジションは?

山田裕貴さんは、小学生の頃から中学時代まで野球をやっていました。

山田裕貴さんのポジションは、ピッチャーやセンターだったようです。

時にはエースとして投げていることもあったそうです!

 

小学生の時は、出身の愛知県にある名東千種リトルリーグに所属していました。

毎年全国大会に出場するような強いチームだったようです。

名東千種リトルリーグのOBには山田裕貴さん以外に、滝藤賢一さんもいらっしゃるそうです。

すごい俳優さんが所属していたチームですよね!

 

中学時代に所属していたも、高校野球で活躍する選手が集まるような強豪チームです。

卒業生の進路先として過去には、地元の愛工大名電、神奈川県の横浜高校や慶応高校、京都の龍谷大平安、石川県の遊学館など、

県内県外問わず、野球の強豪校に進学しています。

そんな強豪チームの名古屋北シニアでは、レギュラーにはなれなかったと山田裕貴さんは話していました。

 

高校は野球の強豪校でもある愛知県名古屋市にある東邦高と学校に進学するも、

野球はやらずにバレーボール部に所属。

山田裕貴さんは野球は中学生までで、高校生の時に辞めています。

 

スポンサーリンク

山田裕貴の野球の実力は?

小学生から中学時代まで、硬式野球で強豪チームに所属していた山田裕貴さん。

プロ野球選手になることを目指していたようです。

 

小学生、中学生当時の山田裕貴さんの野球の実力についての詳細はわかりませんでしたが、

2021年の2月に、キャッチボールしている姿をインスタグラムに投稿。

その中で、山田裕貴さんの球速は「142km」を記録!

キャッチボールしていた場所がマウンドではなく、距離もだいたいであり、

スピードガンも使っていたわけではないので正確ではないとのコメント付きで動画がアップされていましたが、

142km近くは出ていることは確かだと思います^^

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

 

 

 

スポンサーリンク

山田裕貴の父はプロ野球選手だった!

みなさんご存じの方も多いと思いますが、山田裕貴さんの父は元プロ野球選手でした。

現在は広島東洋カープでコーチをされています。

 

◎名前:山田 和利(やまだ かずとし)
◎生年月日:1965年6月3日
◎出身:愛知県名古屋市
◎身長:178cm
◎出身高校:東邦高等学校
◎ポジション:内野手
◎現役時代の球団:中日→広島→中日

参考:Wikipedia山田和利

 

出身高校は東邦高等学校で、山田裕貴さんと同じですね。

身長も現在の山田裕貴さんの178cmと同じなんですね^^

山田裕貴さんの父、山田和利さんは色んなポジションをこなせるユーティリティプレイヤーだったそうです。

1996年に現役を引退しています。

この頃、山田裕貴さんは6歳くらいでしょうか。

山田裕貴さんは父である山田和利さんの現役時代の姿を観れて、しっかり記憶に残っているようです。

それは山田裕貴さんが野球を始めようと思ったきっかけが、やはりお父さんだったから。

「テレビで父の姿を見てかっこいいなー」

引用:デイリー

父の姿をテレビで観て憧れて、野球を始めたそうです!

お父様からしたら、とっても嬉しいですよね(^^)

スポーツ選手に限らず、お父さんの仕事中の姿を見学できる機会があるといいなぁっと感じました。

最近ではお父さんの職場見学などを開催している企業もあるようですが、増えていくといいなぁっと。

 

話しが逸れてしまいましたね、ごめんなさい(^^;

 

山田和利さんは現役引退後は、中日ドラゴンズのコーチや、

現在は広島東洋カープの二軍守備・走塁コーチをされています。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

山田裕貴の野球を辞めた理由は?

山田裕貴さんはお父さんの姿に憧れて野球を始め、プロ野球選手になることを目指して、

強豪チームで野球をやっていましたが、高校生の時に野球を辞めています。

山田裕貴さんが野球を辞めた理由は何があったのでしょうか。

山田裕貴さんは当時を振り返り、こう話していました。

 

「プロ野球選手になれないなと思い、高校でやめてしまったけど、悔しかった。有名になったろ、というのは人よりもあったかも」

引用:スポーツ報知

 

中学時代に所属していた名古屋北シニアでレギュラーになれず、「プロ野球選手にはなれない」と思ったことが大きかったようですね。

名古屋北シニアは強豪チームだったので、良い選手もたくさん集まっており、当時の自分の実力の差をより感じていたようです。

 

そして野球をやりながら父がプロ野球選手だというプレッシャーを常に感じていたと話す山田裕貴さん。

時には周りから「野球選手の息子なのに」と言われることもあったとか。

それはものすごいプレッシャーですよね(T_T)

しかもそれは、小学生、中学生当時に言われる言葉…

まだまだ野球もこれから覚えて伸びていくという時に、

プロ野球選手である父のようにとすでに完成形を求められるような言葉にも聞こえてしまいます。

とっても窮屈に感じてしまうし、自分でももっとやらなきゃって自分を煽ってしまうことにも繋がってしまいますね。

「やっぱりプロ野球選手である父を意識してしまって、プロ野球選手の息子、って看板を重く感じてて。でもやんなきゃ、やんなきゃ、って(思って)。ふと我に返った時に、あれ、これは俺の人生を生きてるのか?父親を追いかけてるのか?って分かんなくなっちゃって」。

引用:デイリー

 

自分の人生を生きているのか、父親の人生を追いかけているのかと、中学生や高校生にあがった当時に立ち止まり考えたということですよね。

野球を続けることが自分の人生なのかって。

そうやって立ち止まれる山田裕貴さんはすごい!!

しっかり立ち止まり、自分自身の人生を歩むための決断をして、高校時代はバレーボール部に入ったそうです。

 

 

山田裕貴さんは高校時代に東邦高校野球部が甲子園に出場し、甲子園に応援に行ったそうです。

甲子園のグラウンドプレーする東邦高校野球部を観て、涙が止まらなくなったそう。

それは、野球を辞めると決めた時に父の山田和利さんに言われた言葉を思い出し、涙が溢れてしまったそうです。

「俺は(野球を)やれ、とは言ってない。何で自分でやると決めたことを最後までやらないんだ」

引用:デイリー

 

この言葉が甲子園で活躍する野球部を観ながら思い出されたそうです。

野球を辞めると決めることも、野球を辞めるという行動することも、

スッキリと決められたわけではなく、きれいさっぱり手放せたわけではなく、

葛藤しながら、辞めた後もこれで良かったのかなと葛藤しながら進んでこられたのかもしれませんね。

 

「『何で自分でやると決めたことを続けなかったんだ』っていう父の言葉がよぎって。チームメートはすごい輝いてるし。僕は野球やめて自分で人生諦めて何やってるんだ、って。サイレン鳴ってる時から涙が止まんなくなっちゃって」

引用:デイリー

 

野球をやって来た山田裕貴さん。プロ野球選手だった父。

ずっと野球一筋だった山田裕貴さんには甲子園という野球少年ならみなが憧れ目指す場所で輝くチームメイトに、

自分自身の人生の何かを感じたのでしょう。

そしてこの場で決意したそうです。

「次にやる、って決めたことは死ぬまでやろう、と思ったのが、このお仕事(俳優)だった」

引用:デイリー

 

山田裕貴さんが野球を辞めた理由は、強豪チームで野球をやってきたからこそ思い知る自分の実力や、

お父さんがプロ野球選手だったプレッシャーなどではあると思います。

ですが、こうして山田裕貴さんの野球についてを調べて観ていると、

山田裕貴さんが強豪高校の東邦高校に入学したことも、

山田裕貴さんが学生時代に野球部が甲子園に出場し、甲子園で応援したことも、

何だか山田裕貴さんが俳優の道に進む伏線だったような、そんな気持ちで胸いっぱいになりました。

 

今、スポーツ番組などでも山田裕貴さんがピッチングする姿を観たり、

プロ野球の始球式にも登場したりして、やはり野球をやってきたことも全て繋がっているのだろうなっと。

 

山田裕貴さんが野球を辞めたことで父の山田和利さんとの関係はどうだったのか、ちょっと心配になりましたが、

山田裕貴さんが出演した作品は、父の山田和利さんもちゃんと観てくれているそうで仲が良いそうです^^

 

☆ゴールデンボンバー樽美酒研二さんも野球をやっていました!⇩

 

☆大人気の俳優、間宮祥太朗さんの始球式の球速がすごい!!⇩

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、山田裕貴さんが野球をやっていた時のポジションや実力、野球を辞めた理由は何かあったのかや、

山田裕貴さんの父はプロ野球選手だったことについてでした。

プロ野球選手を父に持ち、自分自身もプロ野球選手を目指すという道を進む中で、俳優としての道を見つけた山田裕貴さん。

これから俳優もですが、野球はバレーボールなどのスポーツをする姿もテレビで観れることを楽しみにしています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました